パンフレット作成とデザインの重要性


“企業のPRやイベントの紹介など、パンフレットは様々な場面で幅広く活用されます。これを有効に活用するためには、パンフレット内に情報を過不足なく盛り込むためのデザインを十分に検討する必要があります。これは単に見た目を整えるというだけでなく、必要な情報の取捨選択を行い、読み手にスムースに伝わるよう画像や文章のレイアウトを決定することがパンフレット作成にあたっての「デザイン」となります。パンフレットは広告手段であると同時に、会場マップや商品マニュアルとしても機能します。対象に対するPR効果だけでなく、必要とする情報を読み手がパンフレット内から容易に引き出せるような機能性も求められます。例えば新製品PRのためのパンフレットであれば、説明文を最小限にしぼったレイアウトによって洗練された印象を読み手に与えることができます。それによって興味を持った読み手は、次にパンフレット内からその商品のスペックや仕様を読み取ろうとします。パンフレット作成にあたっては、このような読み手の意識の流れに対応する情報の配置が重要となります。多くの場合、パンフレットは複数ページによる構成となるので、ページごとに異なる役割を与えることができます。例としては、前半に目を引くPR要素を配置し、後半に情報量を増加させていくような構成が考えられます。パンフレット作成におけるデザインとしては、このように全体の流れを意識し、情報量のバランスまで検討していく必要があります。 ”