社内報のパンフレット作成方法


“社内報は、企業の社員たちのコミュニケーションを図り、会社の方向性や必要な情報を共有するために作る、公式の社内広報メディアです。WEB判を作っている会社もありますが、読み過ごされたり、読み流してしまったりすることが多いため、さっし番が見直されてきています。
社内報のパンフレット作成では、まず、作成の目的に合う、コンセプトを決めます。社員が知りたいことは何か、どうしたらみんなが生き生きと働いている姿を称賛できるのかなどのリサーチが必要です。次に、予算をから、冊子のページ数や印刷部数を決めます。企画が決まったら、各記事に割り当てるページ数やスペースを決めるために、台割を作ります。台割に従って、記事のタイトルや内容のレイアウト作成を業者に依頼していく流れです。実際の原稿は、レイアウトができてから、その文字数に合わせて執筆していくことになります。原稿を提出して、文章チェック、校正を行い、印刷業者が印刷をして、パンフレット作成が完了します。
取材内容や取材のスケジュールを、企画が決まった時点で考えておくと、後であわてることがなくなるので、余裕を持って編集作業ができることになります。原稿の提出日よりも2~3日の余裕を持って仕上げておけば、原稿やレイアウトを練り直すことになっても大丈夫です。パンフレット作成で大切なのは、社員の声を聞くことです。発行後には、アンケートを取り、次回掲載したり、次回の参考にすることも社員の気持ちを高めることにつながるのでおすすめです。”