パンフレット作成とデザインの重要性

“企業のPRやイベントの紹介など、パンフレットは様々な場面で幅広く活用されます。これを有効に活用するためには、パンフレット内に情報を過不足なく盛り込むためのデザインを十分に検討する必要があります。これは単に見た目を整えるというだけでなく、必要な情報の取捨選択を行い、読み手にスムースに伝わるよう画像や文章のレイアウトを決定することがパンフレット作成にあたっての「デザイン」となります。パンフレットは広告手段であると同時に、会場マップや商品マニュアルとしても機能します。対象に対するPR効果だけでなく、必要とする情報を読み手がパンフレット内から容易に引き出せるような機能性も求められます。例えば新製品PRのためのパンフレットであれば、説明文を最小限にしぼったレイアウトによって洗練された印象を読み手に与えることができます。それによって興味を持った読み手は、次にパンフレット内からその商品のスペックや仕様を読み取ろうとします。パンフレット作成にあたっては、このような読み手の意識の流れに対応する情報の配置が重要となります。多くの場合、パンフレットは複数ページによる構成となるので、ページごとに異なる役割を与えることができます。例としては、前半に目を引くPR要素を配置し、後半に情報量を増加させていくような構成が考えられます。パンフレット作成におけるデザインとしては、このように全体の流れを意識し、情報量のバランスまで検討していく必要があります。

パンフレットデザインをなるべく早く済ませるには

“会社や各種団体がイベントを催す際、最も重要な準備物の一つとして、パンフレットの存在は欠かすことができません。
パンフレットは外部の人間に配布するものですので、できる限りクオリティーの高いものを用意したいですし、大量に用意する必要もあるので、早めに準備を進める必要があります。

パンフレットを作成する上で取り組まなければならないのは、パンフレットのデザインや構成、内部の文章などになります。
中でもパンフレットデザインはパンフレット全体の印象を決定づけますし、パンフレットデザインが決まらなければ内部構成などの準備を進めることもできませんから、できる限りスピーディーに決定する必要があると考えられます。

できる限りスピーディーにパンフレットデザインを決定するためには、インターネットの専門業者を上手に活用すると良いでしょう。
近年ではインターネット通販を行っているパンフレット作成の専門業者は数多くあり、安い料金で質の高いサービスを期待することができるのです。

パンフレットデザインは素人が全て行うよりも、経験と知識のあるプロの助けを借りて作成する方が質の高いものができる可能性が高くなります。
インターネット通販なら気軽に申し込み利用ができますし、面倒な打ち合わせなどの必要もなく、メールでのやり取りだけで完結させられると言ったメリットもあるのです。
データの入稿もメールで行うことができますし、問い合わせなどもメールで24時間行うことが可能です。

スピーディーかつ効率的にパンフレットデザインを決定できるでしょう。”

魅力的なパンフレットデザインとは

“魅力的なパンフレットデザインには、三つのポイントがあります。まず基本であるパンフレットの素材です。紙質、大きさ、二つ折、三つ折りなどでも印象は違ってきます。パンフレットで使用する場合の紙はある程度の厚みが必要です。厚みがないと安っぽく見えてしまいます。サイズはぱっと開いたときの第一印象を上げるには、B5サイズの少しコンパクトなサイズが良いでしょう。

二つ目に、対象と目的を明確にしたパンフレットデザインを心がけることです。ターゲットになる人は女性が多いのか、男性が多いのか、パンフレッドで何を伝えたいのかなど、目的を明確にします。その上で、どのような情報を掲載したら効果的なのかを選別します。

三つ目に、わかりやすく伝えるための文章力やデザイン力が大切です。写真と文章を程よいバランスを考えながら、わかりやすい構成を心がけます。写真やグラフなどで伝えた方が伝えたい情報をよりわかりやすく伝えることができるのなら、写真を中心に文章は添えるような形で構成していきます。また、逆に文章による説明がないとわかりにくい場合は、写真はイメージ的なものにして、わかりやすい文章をメインとします。長々とした文章だけでなく、短いキャッチコピーがあるとより効果的なパンフレットデザインになるでしょう。

通常はパンフレットの製作会社に制作を依頼することになりますが、その際には、このようにどのようなパンフレットを作りたいのかを明確にした上で、それを制作会社に伝えていくことが大切です。”